生活に合わせたオンリーワンの家
-生活に合わせたオンリーワンの家-
ONLY ONE HOUSE
生活に合わせたオンリーワンの家
私たち有限会社日楽ホームは佐賀県を拠点に
無理・無駄・見栄のないシンプルで長持ちする家をつくっています。
お知らせ
TOPICS
イベント情報
EVENT
マンションと古民家。
マンションは、高断熱高気密で省エネ効果の高い住まいです。
木造の古民家は、土壁づくりが多いと思います。
マンションは、メンテナンスで耐久時間を延ばすことができます。

古民家もメンテナンスがあれば、のばすこともできます。
経済的な耐久比較は、難しいですが、人は住むについては明白な違いがあります。

マンションはコンクリートの上にビニールクロスを貼って、ますます高気密になっています。
そのため換気無しには、使えません。

マンション住まいの場合24時間換気が絶対必要です。
木造建築物は、寺社仏閣をはじめ1000年の歴史があります。
木造住宅も土壁時代は夏の暑さに強い住宅でした。
ただ、気密は、いまいちでした。







昭和の経済成長と人口増加の時代、たくさんの家が建ちました。
家づくりが時間と手間のかかる土壁から石膏ボードとマンションと同じビニールクロスに変わりました。

マンション・ホテルは、浴室・台所・トイレ以外の部屋も換気しなければなりません。
古民家は、部屋以外の浴室・台所・トイレに換気が必要な時だけ回します。
それが、普通だったのです。

部屋は古民家が土壁だったことです。
土壁は通気性があり調湿力あり家内の水蒸気・二酸化炭素・有害物質も吸収します。

昔の日本の家は、夏涼し家でした。
但し冬の寒さを防ぐには気密が緩かったのです。
ビニールクロスに変わって冬の寒さを防ぐことは良いのですが・・・・。

ビニールクロスが日本で使われるようになって30年くらい経って戸建ての新築の家に住めない人が続出しました。
シックハウス症候群事件です。

原因は、新築の材料の新建材・合板等の接着剤からでる化学物質・有害物質がビニールクロスに通気がないので逃げられなかったのです。
マンションと同じようになりました。
この対策として、国は24時間換気を義務づけ、法律まで作ったのです。

ビニールクロスが通気しないことで24時間換気を回し続けることに疑問を持って生まれたのが土壁の代わりをする呼吸する壁だったのです。

呼吸する壁は、土壁を改良して調湿力と断熱性能が高く、寒さを防ぐ気密も良いが
「通気をする」壁にしました。

調湿・換気を全て電力を使って省エネより電気量を少なく使って省エネの方が良いのです。
電気機械の寿命は、家に比べて短いのです。
呼吸する壁は、家と共に長持ちします。




呼吸する家の壁は、呼吸する壁です。
断熱材と通気クロス(紙・布のようなクロス)です。
断熱材は、アメリカ発祥のセルロースハイパー(本質繊維)です。

パルプから出来る新聞の古紙を粉砕したものです。
繊維の空気胞で高い断熱力と吸放湿力により年間を通じて適度な湿度を保つことができます。
施工方法で気密もとれます。

呼吸する家の天井は、モイスといって珪藻土等を混ぜ合わせて作られます。
モイスは、シックハウスの原因となる有害物質を吸着・消臭します。

「調湿性」「耐火性」「耐久性」がある多機能内装材です。
この壁と天井で家内の空気に含まれている水蒸気を吸うことで結露を防ぎカビを防ぎアトピー・アレルギーの発生を抑えます。
押入れの、水取りは不要です。




戸建て住宅がマンションと同じように
なってしまったのか。
呼吸する家の壁と天井。
停電と呼吸する壁。
呼吸する家の3つの特典。
電気で回す換気扇と呼吸する壁は同じようの効果があります。
夏、玄関戸を開けて「ムッ」とするのは、留守中にも換気扇を回し続ければ「ムッ」としません。

一番わかりやすいのは、台所などの停電時です。
1時間停電したら、高気密・高断熱ビニールクロス住宅は暑くて家の中にいることは
つらいです。

呼吸する家は、壁と天井が自然作用で調湿と通気呼吸があるので「土蔵」のような感じになるのです。

換気扇があっても、呼吸する壁と呼吸する天井があればより快適な家になります。











①家自体が通気することで材木の腐れが無く長持ちすることです。
メンテナンスが少額で済みます。

②床下のシロアリ予防がホウ酸ですることです。
ホウ酸は、ゴキブリ団子の目を洗うホウ酸です。

ホウ酸は、農薬のように毒殺ではありません。
シロアリが食って巣に帰って死ぬのです。

時間はかかるが死にます。
ホウ酸は木材に散布しますが、液は蒸発しますがホウ酸が残りますので5年ごとの
散布は要りません。
床下が安全だから床下エアコンが使えます。

③日本は地震の多い国です。
耐震と制震(ゆれ)に強く、耐震の基本となるすじかい金物に耐震と制震2つの役目をするダイナミックファスナーを標準仕様にしました。

他の会社とどこが違うのか
DIFFERENCES FROM OTHER COMPANIES
当社は、ローコスト住宅会社です。依頼を受ければ高額な家もつくりますが、ほとんどが子育て世代の方が暮らす家を建てています。家を建てることが人生の全てではありません。建てた後の生活が大事なのです。
POINT 01
なぜ通気断熱にこだわるのか?
VENTILATION INSULATION
POINT 02
家が長持ちすることは
結露の少ない家にすること
CONDENSATION
POINT 03
なぜ、ビニールクロス
使わないのか?
VINYL CLOTH
POINT 04
子育て世代に朗報
GOOD NEWS
家族の幸せを
家づくりで
実現します
We realize the happiness
of the family by the housing construction.
家族の和、絆、思い出。 いつまでも長く、永く続いていくように。
守り、寄り添う住まいを、私たちはご提案いたします。
子育て世代こそ病気のない
健康で呼吸する家

この家は結露が出にくいので
カビ・ダニも出にくい、だからアトピー・アレルギーも防ぐ!

お客様のご要望で私たちが手がけた高級な天然素材の呼吸する通気断熱の家のこだわりポイントを写真とともにご紹介いたします。新しいお家に住んで、ご家族皆さんに喜んでいただけることが私たちの願いです。家族が笑顔になれる家のことなら有限会社日楽ホームにお任せください。
新型コロナウィルス感染拡大防止対策中
新型コロナウィルスによる建築資材高騰対策について

住宅ローンの借入額は、

高すぎると後悔することになります


 


 結露の多いアパートと同じ位の性能の家は、

値段が安くても、換気扇なしには生活できないことになります。

 

高すぎてもいけない、安すぎてもいけないのであれば、

どんな家がいいでしょうか。

 

現在の住宅は、高断熱、高気密は当たり前です。

 

冷暖空調、換気、加湿、除湿、すべて電気エネルギーです。

一戸建て住宅もマンションのようになってしまいました。

冷暖の効果を良くして省エネにするため高気密にしたことで、

換気扇の風が届かない所は結露が発生します

 

結露は糖尿病と同じです。

結露そのもので被害はありませんが、結露でおこるカビや材木の腐敗、

ダニの発生でアトピーになったり、家が傷む原因になるのです。

 

結露のない家にするには、壁のつくり方が一番大切です。

どんなに高気密でも壁が調湿と呼吸通気ができれば、

結露も生活臭、シックハウスも解決します。

 

呼吸する木の家は、そんなことから生まれました。

住宅ローンの金額を下げるために、

家の坪数を少なくすることで価格を下げました。

 

 住宅ローンで人生の約半分使うのはもったいないです。

新築なら、学校は遠くても、安い土地に性能のよい家を小さくして、

土地建物総額で3,000万円を超えないことです。



なぜ、3,000万円までにしたのかと言えば、日銀総裁が

黒田氏より植田氏に変わったことで

急激な金利の変動はないのではないか

今度の住宅ローンの変動金利が0.5~0.77%で安いこと。

変動金利に住宅ローンであれば5年ルール1.25ルールがついているだろうと思うこと。

支払期限が35年から40年に延びていることで借りる子育て世代が返済の方法を

考えれば、努力することで家賃並みになります。





ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:0120-25-6159
〒840-0850 佐賀県佐賀市新栄東1丁目7番56号
TEL:0952-22-1151 FAX:0952-22-1236
家族の幸せを
家づくりで
実現します
We realize the happiness
of the family by the housing construction.
家族の和、絆、思い出。 いつまでも長く、永く続いていくように。
守り、寄り添う住まいを、私たちはご提案いたします。
私たちはご家族の幸せと健康を
心より願っています
日楽ホームは小さな会社です。ブランド力もありません。話し上手な営業マンもいません。広告、宣伝も多くありません。でも家づくりには、特別の思いを持っています。本当に「安心できる、いい家を高くない価格で建てたい」と真剣にお考えの方には私たちの持つ知識・経験・技術を活かして全力でお手伝いさせていただきます。